【XAMPP・PHP】MariaDB(MySQL)ログインパスワード設定

XAMPP・MariaDBパスワード設定

こんにちは、タクローです。

XAMPPをインストールすると初めはMariaDB(MySQL)のログインパスワードが設定されていません。

いくら開発環境とは言うものの、このままではセキュリティ上、好ましくないでしょう。

今回の記事はXAMMPをインストール後、MariaDB(MySQL)のログインパスワード設定について解説していきます

解説するにあたり私のPCのOSは以下のとおりです。

Windows 10 Home 64bit

XAMMPをインストールについては以下のリンクを参照してください。

【XAMPP・PHP】ウェブ開発環境を簡単にインストール
ウェブ開発環境はもちろん、社内ネットワーク(イントラネット)の実運用環境としても使用されることもあるXAMPP。これからウェブプログラミングを勉強しようという方であれば必須のソフトウェア、XAMPPのインストール方法を解説します。

phpMyAdminを起動する

XAMMPのコントロールパネルを起動してください。

「Module」の「MySQL」(MariaDBのことです)右側「Admin」をクリックしてみてください。

XAMPP-MySQLパスワード設定方法


すると、phpMyAdminが起動します。
ユーザーアカウント」タブをクリックしてください。

XAMPP-MySQLパスワード設定方法


ユーザーアカウント概要が表示され、ユーザーの一覧を確認できます。

ユーザー名「root」ホスト名「localhost」の行を見てください。
パスワードが「いいえ」になっています。
つまり、ログインパスワードが未設定ということです。

XAMPP-MySQLパスワード設定方法

ウェブサイトのトップページを閲覧する時に、ホスト名である「localhost」をURLで指定しますよね。

開発環境では、ユーザー名「root」、ホスト名「localhost」を使用します。

ユーザー名「root」、ホスト名「localhost」のパスワードを設定していきましょう。

コマンドプロンプトでパスワード設定

コマンドプロンプトを起動してください。

以下のように入力して、エンターキーを押してください。

cd c:\xampp\mysql\bin

ここでは、XAMPPをインストールしたフォルダがCドライブ直下であることを前提としています。

XAMPP-MySQLパスワード設定方法


次、以下のように入力して、エンターキーを押してください。

mysqladmin -u root password

すると、「New password:」と表示されますので、続けて設定したい新しいパスワードを入力しましょう。
入力したらエンターキーです。

XAMPP-MySQLパスワード設定方法


Confirm new password:」と表示されますので、確認のため再度パスワードを入力して、エンターキー。

XAMPP-MySQLパスワード設定方法

これでログインパスワードが設定されました。


それでは、XAMPPのコントロールパネルから、再度phpMyAdminを起動してみましょう。

起動してみると以下のようなエラーが表示されてしまいます。

XAMPP-MySQLパスワード設定方法

どうやら、「config.inc.php」というファイルの書き換えが必要なようです。
次からその方法について、解説していきます。

config.inc.phpでパスワードを設定する

メモ帳などテキストエディターで、「C:\xampp\phpMyAdmin\config.inc.php」を開いてください。

ただし、XAMPPをインストールしたフォルダがCドライブ直下であることを前提としています。

下の箇所を見つけてください。

/* Authentication type and info */
$cfg['Servers'][$i]['auth_type'] = 'config';
$cfg['Servers'][$i]['user'] = 'root';
$cfg['Servers'][$i]['password'] = '';
$cfg['Servers'][$i]['extension'] = 'mysqli';
$cfg['Servers'][$i]['AllowNoPassword'] = true;
$cfg['Lang'] = '';

これを以下のように書き換えてください。


/* Authentication type and info */
$cfg['Servers'][$i]['auth_type'] = 'cookie';
$cfg['Servers'][$i]['user'] = 'root';
$cfg['Servers'][$i]['password'] = 'password';
$cfg['Servers'][$i]['extension'] = 'mysqli';
$cfg['Servers'][$i]['AllowNoPassword'] = true;
$cfg['Lang'] = '';

$cfg[‘Servers’][$i][‘password’] = ‘password’;」の「password」部分については、先ほどコマンドプロンプトで設定したログインパスワードに置き換えてください。

書き換えたら上書き保存しましょう。

再び、XAMPPを起動して確認

これで、ログインパスワードの設定がすべて終わりました。
もう一度、XAMPPのコントロールパネルから、phpMyAdminを起動してみてください。

XAMPP-MySQLパスワード設定方法

上のようなログイン画面が表示されますので、「ユーザー名」と「パスワード」を入力して「実行」ボタンをクリックしてください。

「ユーザー名」は「root」、「パスワード」はご自分で設定したパスワードです。

phpMyAdminにログインできれば、ログインパスワード設定成功です。

これで安心して本番環境に近い形で、開発に専念できるでしょう。

また、これから勉強するという方だって、データベースに接続する時はログインパスワードが必要となってきます。
より実運用に近い形でサンプルプログラムを作りながら、スキルを習得できるでしょう。

最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする