コーヒーと口臭の関係。気になる口臭の原因と対策を考える。

コーヒーの香り

こんにちは、タクローです。

コーヒーは好きだけど、飲んだ後の口臭が気になるというあなた。
たしかに、コーヒーを飲んだ後の口臭って、結構気になりますよね。

コーヒーを飲まなければ解決する問題ではありますが、コーヒーが好きな方はそうもいきません。

コーヒーを飲んだ後、口臭が気になるんだ。人と話しをするとき、すごく意識してしまう。
口臭を気にせずにコーヒーを飲みたいんだけど、何かいい方法ってあるの?

今回の記事はこのような悩み、疑問をお持ちの方にお役に立てるのではないでしょうか。

最後まで、どうぞお付き合いください。

コーヒーを飲んだ後の口臭の原因は?

この記事ではコーヒーを飲んだ後の口臭の原因をまず探っていきます。

コーヒーを飲んだ後の口臭の原因は複数考えられるのですが、これらの原因がはっきりわかれば、対策を講じることもできるはずです。

この記事では原因と考えられている以下の3つのことについて、詳しく解説していきます。

  • 焙煎したコーヒー豆の成分
  • コーヒーの酸味成分
  • コーヒーに加えたミルクや砂糖

焙煎したコーヒー豆の成分

焙煎したコーヒー豆の成分が舌に付着することにより、臭いの原因となります。
コーヒーを飲んだ後、舌が茶色くなりますよね。
あれは、焙煎したコーヒー豆の微粒子が付着することによる色なのです。

浅く焙煎したコーヒー豆より、深く焙煎したコーヒー豆の方がより臭いの原因となる微粒子を多く含んでいることになります。

ですからエスプレッソなど深煎りコーヒーを飲んだ後は、より注意が必要となります。

コーヒーの酸味成分

コーヒーには酸味成分が含まれています。
コーヒーを飲むとこの酸味成分により、口腔内が酸性化することになります。

また、コーヒーに含まれるカフェインには利尿作用があり、それにより口が乾きやすくなります。
口が乾くことによって、唾液の分泌量が減少します。

唾液の分泌量が減少することで、口腔内細菌が増えることになります。
さらにコーヒーの酸味成分により、口腔内が酸性化し、細菌の増殖をさらに促進してしまうのです。

コーヒーに加えたミルクや砂糖

この記事を読まれている方の中には、コーヒーにミルクや砂糖を加えて飲むのが好きという方もいらっしゃるかもしれません。
このミルクや砂糖。
これも口臭を悪化させる原因です。
コーヒー豆の焙煎成分が舌に付着し、それに混じって、ミルクのたんぱく質や砂糖の成分が舌に付着します。

口を覆う女性

コーヒーを飲んだ後の口臭対策は?

コーヒーを飲んだ後の口臭の原因はわかっていただけたと思います。
ポイントは、以下の2つです。

舌の汚れ
口の渇き

これを防ぐことができれば、口臭問題が解決できるのです。
順に解説していきます。

舌の汚れ

口臭の原因である舌に付着したコーヒー成分を取り除くことができれば、解決するでしょう。

まず、利用すると効果的なのが、舌磨き。
マウスウォッシュなどで口をすすいでも効果的です。

このようなアイテムをぜひ活用して、口臭ケアに努めましょう。

舌ブラシ

口の渇き

口が乾いていると口腔内の酸性化が進み、また細菌が増殖しやすくなります。
それが口臭の悪化を引き起こすことは先に説明しました。

ですから、細菌を増殖させないために、口腔内を乾かないようにすればよいのです。

つまり、水を飲む。

そうすることで、カフェインの利尿効果により失われた水分を補給することができます。
また、口腔内の汚れも流すことができますので、一石二鳥です。

ガムを噛めば、唾液の分泌を促進する作用もありますので、口臭対策になります。

まとめ

せっかく美味しいコーヒーを飲んで、リラックスできても、口臭が気になるようでは楽しいコーヒータイムを過ごすことができません。

大好きなコーヒーだからこそ、しっかり口臭ケアをやっていきたいものです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする