【Excel VBA初心者向け】エディター(VBE)起動方法は?

エディター(VBE)起動方法

Excelのマクロは、Excel VBAを用いて作っていきます。

これに関しては、細かい説明は不要だと思います。

じゃあ、Excel VBAをどこに書いていくのでしょうか?

Excel VBAはVisual Basic Editor(略してVBE)というツールに書いていくことになります。

VBEではコードを管理したり、フォーム設計コーディングテストなどマクロ開発の一連の作業を行うことができます。

ただ、このVBE。

何もしないとメニューに出てこない。

Excelをインストールして、そのままだと起動できないんです。

じゃあ、何をすればいいか。

今回の記事はVBEを使うための設定について解説していきます。

VBEを起動する

VBEを起動するには、ショートカットを使う方法とタブのリボンから起動する方法の2種類があります。

ショートカットを使ってVBEを起動する

「Alt」キーを押しながら「F11」キー

押していただくと、VBEが起動できたはずです。

こういったショートカットを覚えておくと、とても便利ですよね。

タブのリボンからVBEを起動する

VBEは、画面上部「開発」タブのリボンを使って起動します。

【ExcelVBA】VBE起動する

まず、「開発」タブが表示されているか確認してみてください。

おそらく、インストールされたばかりのExcelには、「開発」タブが表示されていないはずです。

そこで、「開発」タブを表示する設定が必要になります。

設定の操作方法ですが、まず最初にExcel画面左上、「ファイル」タブをクリックします。

VBE起動のための設定方法

左側のメニューから「オプション」を選択します。

オプションメニューで設定

「Excelのオプション」ウィンドウが開きますので、ウィンドウ内「リボンのユーザー設定」をクリックします。

「リボンのユーザー設定」リストから「メインタブ」が選択されていることを確認してください。

リボンのユーザー設定

その下にさまざまなタブが並んでいると思いますが、その中から「開発」を探してください。

この「開発」にはチェックが入っていませんよね。

これが「開発」タブが表示されていない原因なんです。

早速、「開発」にチェックを入れ、「OK」ボタンをクリックして閉じましょう。

開発リボンを表示させる

これで、「開発」タブが表示されているはずです。

「開発」タブを選択するとリボンに「Visual Basic」というメニューがありますので、クリックしてみてください。

【ExcelVBA】VBE起動する

VBEが起動しました。

VBEの画面構成

VBEの画面構成

VBEの各部分名称

プロジェクトエクスプローラー

Excel VBAは以下のオブジェクトを使ってマクロを作っていきます。

  • シートオブジェクト
  • ブックオブジェクト
  • フォームオブジェクト
  • 標準モジュールオブジェクト
  • クラスモジュールオブジェクト

細かいオブジェクトのお話しは割愛しますが、これら各オブジェクトを一覧表示し、管理するのがプロジェクトエクスプローラーです。

プロパティウィンドウ

プロジェクトエクスプローラーで選択したオブジェクトのプロパティを設定するためのウィンドウです。

フォームオブジェクトなら、フォームに張り付けたコントロール(ボタンやテキストボックスなど各種部品)の色やサイズなど細かなプロパティ設定をこのウィンドウで行います。

コードエディター

まず、プロジェクトエクスプローラーで、コードを表示したいオブジェクトを選択します。

次に、右クリックメニューから「コードの表示」を選択します。

するとコードエディターには、そのオブジェクトのコードが表示されます。

コードエディターはコードを編集したり、デバッグしたりすることができます。

イミディエイトウィンドウ

コーデエディターで「ブレークポイント」を設定すると、マクロ実行時、ブレークポイントで一時的にマクロが停止します。

イミディエイトウィンドウを使えば、停止している時点での変数やプロパティの値などを確認することができます

またコード内に「Debug.Print」と書き、その後ろに変数名を書けば、ブレークポイントを設定しなくても、変数の値をイミディエイトウィンドウに表示することができます。

さらに、イミディエイトウィンドウでプロシージャの処理を実行することができます。

このことからおわかりのように、イミディエイトウィンドウはプログラムの不具合などを修正するデバッグ作業の時に利用します。

詳細の操作方法については、割愛しますが、イミディエイトウィンドウでできることは何となくでも、ご理解いただけたと思います。

コードエディタをカスタマイズする

VBEのコードエディタを自分好みにカスタマイズしてみましょう。

VBEの「ツール」メニューから「オプション」を選択します。

VBEでオプションメニュー

すると「オプション」ウィンドウが表示されますので、「エディターの設定」タブを選択します。

エディターをカスタマイズ

ここで自分好みにコードエディターをカスタマイズすることができます。

ちなみに私は上の画像のとおり、前景(文字色)を黄色、背景を黒、またフォント名を「Meiryo UI(日本語)」、文字サイズ10としています。

参考になるかわかりませんが、いかにも「コーディングしてる」感じが出ますし、とても見やすいと思っています。

ぜひ、自分好みのカスタマイズで、見やすくて使いやすいコードエディターにしてみてください。

まとめ

今回の記事は、これからExcel VBAを勉強してマクロを作成していこうという方向けのものになりました。

どうしたら、すばやく、そして効率よく処理できるかを考え、思い通りに動いたときの快感を感じることができたなら、もしかしたらプログラミングに向いているかもしれません。

Excelを使った面倒な決まりきった作業にうんざりしているようなら、Excel VBAを勉強する価値は十分にあるでしょう。

まず、一つプログラムを作ってみて、その効果が実感できれば、もっともっとプログラミング学習が楽しくなるはずです。

私もまだまだ発展途上。

お互いスキルアップ目指して、頑張っていきましょう。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする