【イラストレーター】アピアランスで文字に枠をつける方法

文字の枠を書くイラストレーター

こんにちは、タクローです。

まず、下のような装飾文字をご覧ください。

イラストレーターで文字に枠をつける

文字に枠がついていますが、illustrator(イラストレーター)を使えば簡単にできてしまいます。

しかし、初心者にとって、覚えることがいっぱいあるillustraotr(イラストレーター)

いざ、こうしたいっていう時に、「あれっ?どうやるんだっけ?」なんてことはよくあることです。

簡単操作なんだけど、忘れちゃうんですよね。

今回は、そんなイラレ初心者の方のために文字に枠をつける方法について解説します。

アピアランスとは?

文字にきれいな枠をつけるには、illustrator(イラストレーター)の「アピアランス」という機能を使います。

このイラレの「アピアランス」はテキストやオブジェクトを装飾するための機能で、「塗り」や「線」に対し効果を加えていくことで装飾を可能にしています。

枠だけではなく、影やぼかしをつけてみたり、変形したりすることもできます。

そのような効果をillustrator(イラストレーター)のアピアランスパネルを使って、微調整していくのが、今回求められる操作です。

さまざまな機能がある中で、今回は文字に枠をつけることに焦点を当てて操作方法を解説していきます。

アピアランスを使って文字に枠をつける方法

冒頭の完成イメージをもう一度確認しておいてください。

イラストレーターで文字に枠をつける

文字があって、その外側に白い枠、さらにその外側に緑の枠を付けてみました。

それでは、具体的な操作方法を解説していきます。

装飾対象の文字を選択

文字を入力した後、その文字を選択してください。

今回、入力した文字は「メイリオ」の「Bold」、文字サイズは110pt、緑色にしてみました。

イラストレーターで文字に枠をつける

アピアランスパネルを表示する

メニュー「ウィンドウ」から「アピアランス」を選択します。

アピアランスパネル

表示されるのがアピアランスパネルです。

アピアランスパネル初期表示

線(文字の枠)を追加する

アピアランスパネルの左下のボタンに注目しましょう。

まず、左下は「新規線を追加」ボタンです。

文字どおり線を追加するボタンです。

アピアランスパネル新規線を追加

その右隣りのボタンは「新規塗りを追加」ボタンです。

こちらも文字通り塗りを追加するボタンです。

アピアランスパネル新規塗りを追加

今回は「新規線を追加」ボタンを使っていきます

白と緑、2種類の線を追加しますので、「新規線を追加」ボタンを2回クリックしましょう。

アピアランスパネルが下のようになるのを確認してください。

アピアランスパネル並び順

上から「線」、「線」、「塗り」といった順番です。

この順番についてですが、一番上に置かれたものが一番前面に表示されて、それ以降、順番に下に表示されています。

アピアランスパネルの表示順を変える

アピアランスパネルの表示順はドラッグすることで、入れ替えることができます。

一番下にある「塗り」をドラッグして一番上に移動しましょう。

アピアランスパネルが下のようになるのを確認してください。

アピアランスパネル並び順入れ替え

線の太さを微調整する

この後、装飾(効果)の微調整を行っていきます。

まず、上から「塗り」の色を緑、次の「線」の色を白、一番下の「線」の色を緑、というふうに色を設定しましょう。

アピアランス微調整

この時はまだ文字が装飾されていませんね。

次に「線」の太さを調整していきます。

例えば、二番目の「線」を5pt、一番下の「線」を10ptにしてみました。

アピアランスパネル文字の枠を調整

二番目の「線」を8pt、一番下の「線」を20ptにしてみると下のような感じです。

アピアランスパネル文字の枠完成

そんな感じで、お好みの太さに調整してみてください。

まとめ

今回、アピアランスパネルを使って文字の枠を装飾する方法について解説しました。

イラレの勉強を始めて間もない頃は、ちょっとしたことでも忘れてしまいがちです。

そんな時に微力ながらご参考にしていただければ、とても幸いです。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする