眠れないときの対処法とは?眠れない夜に効果的な4-7-8呼吸法

眠れない男性

こんにちは、タクローです。

みなさんは夜、眠れなくて困ったという経験はありませんか?

次の日の朝、「絶対、寝坊できない」なんていう時にかぎって、夜眠れない。
「寝なきゃ、寝なきゃ」と焦れば焦るほど、目が冴えてくる。
無心になろうとしても、雑念が入り、余計に眠れなくなってしまう悪循環。

誰しも一度は、こんな経験をしたことがあるのではないでしょうか。

今回の記事は、「そんな眠れない時、どうする?」というお話しです。

「寝なければいけない!」と思えば思うほど、気が高ぶってしまい、まったく眠れなくなってしまう。そんな時、どうずればいいの?

そんな疑問、悩みをお持ちの方にお役に立てる情報だと思います。

どうぞ最後までお付き合いください。

ヒツジを数えると眠れる?

みなさんは「ヒツジを数えると眠れる」と聞いたことありませんか?
ヒツジが一匹、ヒツジが二匹、…」といった具合です。

昔からある言い伝えで、聞いたことがあるという方も多いのではないでしょうか。

みなさんは、ヒツジを数えると眠れますか?

私も事あるごとに、夜、眠れなくて苦労します。

眠れない時、いろいろ楽しいことを考えたり、無心でいることを心がけたり、好きな音楽を聴いてみたり、暗闇で瞑想してみたり。

いろいろなことをやってみて、効果がないからヒツジを数える…。

そんな感じで、眠れない時、子どもの頃からヒツジを数えることは多々ありますが、どうしても寝付けません。

50匹くらい数えると雑念が入ってきて、ダメなんです。
しまいにはイライラしてきます。
そうすれば、ますます目が冴えてくるんです。

みなさんの中には、「ヒツジを数えると眠れる!」という方もいらっしゃるかもしれませんが、私自身、ヒツジを数えて眠れたことはありません。

この「ヒツジを数える」という行為。
「眠りを誘う」効果は、どれほどあるのでしょうか?

「ヒツジを数える」おまじないの由来とは?

この「ヒツジを数える」行為、実は英語圏の言葉遊びが由来しています。

ヒツジを英語で言うと「sheep」(シープ)
これが、「sleep」(スリープ)発音が似ています

「sheet」(シープ)と「sleep」(スリープ)、発音が似ているために、ヒツジが数えられるようになったのです。

「one sheep, two sheep,…」を数えれば、「sleep」(スリープ)と似た発音の単語を繰り返すことになります。
こうすることで、自己暗示にかかり、眠りにつくことができると考えられたのです。

ですから、英語で数えて効果があるものを、日本語で数えても意味がないのです。

とは言っても、ヒツジを数えることで、眠ることができるという方もいらっしゃるかもしれません。
そのような方を否定するつもりでは、決してございません。

どんな方法でも、その時、眠れさえすればいいのですから。

腹式呼吸のすすめ

みなさんはどんな時に眠れなくなりますか?

私の場合、翌朝早く起きなければならない時、または絶対に寝坊できない時、そういう時に眠れなくなることが多いです。

プレッシャーを感じているのでしょうか、気持ちが高ぶっていて、興奮状態で眠れません。

そんな時、おすすめなのが「腹式呼吸」です。

実に眠れます。

人によって、合う方法、合わない方法があるでしょうが、私には合っているようです。

具体的な腹式呼吸の方法については、この後ご紹介します。

この腹式呼吸のことを知る前は、ヒツジを数えてもダメ、何を試してもダメで、結局、朝まで眠れないことが時々ありました。

眠れない時は気持ちが高ぶっています。
この気持ちを落ち着かせることができれば、眠ることができるのです。

気持ちを落ち着かせる方法として効果があるのが、この「腹式呼吸」なのです。

効果的な呼吸法

腹式呼吸を行うと深い呼吸ができ、自律神経を調節したりしてリラックス効果が期待できます。

心身をリラックスさせ、気持ちの高ぶりを鎮めることで、結果として眠りを誘うとされているのです。

朝に深呼吸する女性

では、この「腹式呼吸」、どのように呼吸すればよいか、具体的に解説していきます。

今回は「4-7-8呼吸法」という方法をご紹介します。

4-7-8呼吸法」はとても簡単で、下に書かれたことを順番にやるだけです。

  • 息を完全に吐き切ります
  • 鼻から息を吸いながら4つ数えます
  • 息を止めて7つ数えます
  • 8つ数えながら息をゆっくり吐き出します

いかがですか?

これだけです。

とても簡単だと思います。

4つ数えて、7つ数え、最後に8つ数える
この数え方から、この呼吸法を「4-7-8呼吸法」と呼ぶのです。

「4-7-8呼吸法」を行う時、意識してほしいことがあります。
完全に息を吐き切ってから、鼻から息を吸う時、おへその下あたりが膨らんでいくのを意識してみてください。

この「おへその下あたりが膨らむ呼吸」が「腹式呼吸」なのです。
つまり、「4-7-8呼吸法」を行えば、自然と「腹式呼吸」になるというわけです。

私は眠れない時、この「4-7-8呼吸法」をやります
とても効果的です。
徐々に気持ちが落ち着き、眠りにつくことができます。

話しは戻りますが、先ほどの「ヒツジを数える」言葉遊び。
実は「sheep」(シープ)と発音する時、自然と「腹式呼吸」になるとも言われています。

英語で「ヒツジを数える」ことは、単なる言葉遊びではなく、実に理にかなっていて、リラックス効果が期待できるというわけです。

まとめ

寝不足な女性

夜、眠れない時、「寝よう、寝よう」と思えば思うほど、眠れなくなる負のスパイラル。
焦れば焦るほど、目が冴えていきます。

そんな時、効果的なのが、「4-7-8呼吸法」による「腹式呼吸」

とても簡単で、誰でも実践でき、リラックス効果が実感できるはずです。

私自身、この方法を知ってからというもの、眠れない時に、何度も助けられました。

みなさんも、ぜひ試してみてください。
眠れなくて苦しんでいる時、みなさんの助けになれば幸いです。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする