インスタントコーヒーは体に悪い?

インスタントコーヒーとスプーン

こんにちは、タクローです。

みなさんはインスタントコーヒー、飲みますか?
コーヒー好きのみなさんであれば、一度は口にしたことがあると思います。

スーパーやコンビニで手軽に手に入るインスタントコーヒー。

インスタントコーヒーの最大のメリットは、手軽で、しかも簡単に淹れて飲むことができることでしょう。

そんなインスタントコーヒーですが、「体に悪い」なんていう話しを聞いたことはありませんか。

手軽なインスタントコーヒー。体に悪くないの?

今回の記事はそんな疑問をお持ちの方にとって、お役に立てるのではないでしょうか。
最後までお付き合いいただけると幸いです。

インスタントコーヒーは体に悪い?

インスタントコーヒーは体に悪いのでしょうか?

結論から申し上げますと、「悪くありません」。
悪いどころか、レギュラーコーヒーと同じような健康効果が得られるのです。

実は体にいいコーヒー。コーヒーの健康効果を徹底解説。
コーヒーは飲みすぎなければ、とても体にいい飲み物です。この記事ではコーヒーの健康効果、リラックス効果を解説しています。コーヒーをもっと知れば、コーヒーライフがもっと楽しくなるでしょう。

ただ、コーヒーですからカフェインが含まれています。
コーヒーの飲みすぎ、つまりカフェインの取り過ぎは健康に支障をきたすことがあります。

ほどほどにコーヒーブレイクを楽しみましょう。

インスタントコーヒーとは?

そんなインスタントコーヒーですが、どのようにして作られているのでしょうか。

体に悪いかどうか、もう答えが出てしまいましたので、ついでにもう少しインスタントコーヒーについて掘り下げて記事を書いてみました。

インスタントコーヒーは、抽出したコーヒーを乾燥させて固形化したものです。
ご存じだと思いますが、粉状のものと粒状のものがあります。

実はこの2つのタイプ。
作り方が違うのです。

粉状のインスタントコーヒーは「スプレードライ製法」、粒状のインスタントコーヒーは「フリーズドライ製法」で作られています。

この2つの製法について、解説していきます。

スプレードライ製法(噴霧乾燥)

スプレードライ製法

出典:日本インスタントコーヒー協会「インスタントコーヒーができるまで」

スプレードライ製法は噴霧乾燥させる製法です。
高温の乾燥塔の中で、高温のコーヒー液を噴霧します。
水分を瞬間的に蒸発させて乾燥させることで、粉末状のコーヒーができるのです。
低コストで製造されるコーヒーですので、比較的安価で手に入ります。
また、高温処理のため、コーヒー自体の風味が損なわれてしまう特徴があります。

フリーズドライ製法(凍結乾燥)

フリーズドライ製法

出典:日本インスタントコーヒー協会「インスタントコーヒーができるまで」

フリーズドライ製法は凍結乾燥させる製法です。
コーヒー液をマイナス40度前後で凍結させて細かく砕きます。
その後、真空状態にして水分を蒸発させることで、粒状のコーヒーが出来上がります。
製造するのにコストがかかり、粉状のインスタントコーヒーより比較的高価です。
ただしその分、コーヒー自体の風味が損なわれにくい特徴があります。
低温処理のため、スプレードライ製法と比較すると美味しいインスタントコーヒーが出来上がるわけです。

インスタントコーヒーの風味を保つ方法

せっかくインスタントコーヒーを飲むのですから、美味しく飲みたいものです。
美味しく飲むためにはインスタントコーヒーの風味をどのようにして保つかが重要になってきます。

インスタントコーヒーの内ブタ
インスタントコーヒーを最後までおいしく飲むポイントは、内ブタ(紙のシール)のはがし方にあります。その方法は簡単。
ナイフなどの刃を容器の内径に沿って動かし、内ブタ(紙のシール)をくり抜きましょう。容器のふちに紙のシールがきれいに残ることによってフタを閉じた時の密閉率が上がり、湿気が入りにくくなり、インスタントコーヒーの風味が長持ちします。

出典:日本インスタントコーヒー協会「インスタントコーヒーの入れ方」

なるほど、盲点だったのではないでしょうか。
この内ブタ、適当にはがしてしまっている方、結構多いはずです。

フタをしても隙間があると、そこから風味が逃げて、コーヒーの味が変わってしまうことがあるのです。

まとめ

簡単に手に入って、手軽に飲める、インスタントコーヒー。

適切なコーヒーの分量、お湯の最適な温度(90度前後が最適といわれています)、このあたりを意識して入れると美味しく飲めるはずです。

体に悪くないとわかりましたから、インスタントコーヒーで安心してコーヒータイムを楽しみましょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする