【Laravel初心者】ルーティングがXAMPP環境でエラー

初心者がつまずきやすいLaravelのエラー

こんにちは、タクローです。

Laravelを勉強中の方は、XAMPP環境を使っていることが多いと思います。

私がXAMPP環境でLaravelを勉強している時に、「ルーティング」がうまく機能せずにハマったことがあります。

今回はXAMPP環境におけるLaravelの「ルーティング」について、注意しておきたいことを簡単に解説します。

ルーティングとは?

「ルーティング」とは、特定のアドレスにアクセスしたとき、どの処理を実行するかを管理する機能のことを言います。

Laravelの基本中の基本ですので、しっかりマスターしたいものです。

500 Internal Server Errorが表示

すごく簡単な例を下に挙げます。

下の例では、モデル、コントローラー、ビューを一切使わずに、ブラウザに表示させています。

「routes」フォルダ内のweb.phpをテキストエディタで開いて、下記コードを記述(追記)します。

Route::get('sample', function() {
    return '

Sample

サンプルページ

'; });

単純にh1タグの「Sample」、pタグの「サンプルページ」を表示しようとしているだけです。

それでは、「http://localhost/sample」にアクセスしてみましょう。

LaravelのInternal Server error

想定された文字列がブラウザに表示されず、上のようなエラー(Internal Server Error)が表示される場合があります。

もし、表示されるようであれば、次でその解決方法を解説します。

Internal Server Errorの解決方法

「public」フォルダ内の「.htaccess」ファイルをテキストエディタで開いて、下記の箇所を探してください。

20行あたりにありませんか?

RewriteRule ^ index.php [L]

該当する箇所を見つけたら、下記のように修正してください。
正規表現で「任意の1文字以上の文字列」という意味の「^(.+)$」に書き換えます。

RewriteRule ^(.+)$ /index.php [L]

修正したら、上書き保存して閉じましょう。

もう一度、「http://localhost/sample」にアクセスしてみましょう。

すると、下のように正常に表示されるはずです。

XAMPP環境でのLaravel

「.htaccess」ファイルの修正を行わないと、コントローラーやビューを作成したとしても、ブラウザに正しく表示できません。

XAMPP環境でLaravelを勉強する場合は、まずこちらをチェックしてみてください。

以上、「ルーティング」に関する「.htaccess」ファイル基本設定についてでした。

最後まで、お付き合いくださりありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする