画像を引用するときの注意点 | ウェブサイトにおける写真の取り扱い

カメラを構える女性
こんにちは、タクローです。
今回のテーマは画像を引用する時のルールの確認です。
文章などの引用と違い、画像を引用する時には肖像権などの配慮が必要になってきます。

人物が写った写真をウェブサイトで公開しても問題ないだろうか?
ブログに写真を掲載したいけど、自分で撮影した写真の方がいいのかしら?引用したらトラブルになりそうで怖いわ。

引用するときのルール

著作権法32条には以下のような定めがあります。

公正な慣行に合致すること,引用の目的上,正当な範囲内で行われることを条件とし,自分の著作物に他人の著作物を引用して利用することができる。

出典:文化庁「著作物が自由に使える場合」

このように著作物を引用することはできます。
ただ、引用する時に必ず守らなければならないルールがあるのです。

他人の著作物を自分の著作物の中に取り込む場合,すなわち引用を行う場合,一般的には,以下の事項に注意しなければなりません。
(1)他人の著作物を引用する必然性があること。
(2)かぎ括弧をつけるなど,自分の著作物と引用部分とが区別されていること。
(3)自分の著作物と引用する著作物との主従関係が明確であること(自分の著作物が主体)。
(4)出所の明示がなされていること。(第48条)
(参照:最判昭和55年3月28日 「パロディー事件」)

出典:文化庁「著作物が自由に使える場合」

著作物を引用することはできても、上記ルールを守らなければなりません。
守らないと、著作権法違反になってしまうことも。

これらのルールについては下の記事で詳しく解説しています。

【引用】トラブルにならないための正しい書き方と注意点
こんにちは、タクローです。 ウェブサイトを制作したり、ブログ記事を書いていたりすると書籍や他のサイトのコンテンツから部分的に引用したく...

SEOペナルティについて

正しく引用できていないと、最悪、検索エンジンから重複コンテンツとして認識されて、ペナルティを受ける可能性があります。
ペナルティを受けることで検索順位が低下したり、圏外として扱われてしまいます。
引用する時のルールをしっかり理解した上で引用していくことは法律違反だけでなく、SEOの観点からも重要だと言えます。

信憑性を高める引用

レポート執筆をはじめ、ウェブサイト制作、ブログ記事制作していると、書籍やウェブサイトなどから補足情報として引用したくなることは多々あると思います。

専門家の方でもない私のような素人だと、持論で書いていくには限度があります。
何より信憑性が欠けてくるのです。
「ただの素人が書いた記事だろう」と思われてしまうからです。

そこで、引用することで、グッと信憑性を高めることができるのです。
専門的な文献やウェブサイトから引用すれば、嘘偽りのない情報だと読み手に理解してもらえます。

ですからルールを守ったうえで、積極的に引用していくべきなのです。

画像を引用する時の注意点

画像を引用する時は著作権についてはもちろんですが、肖像権やパブリシティ権にも注意が必要です。

肖像権について

もしあなたが、気がつかないうちにプライベートな写真を撮影され、知らないうちにウェブサイトなどに掲載されていたら?
しかも、誰でも閲覧できるようになっていたら?

不快に思う方が多いのではないでしょうか。
思いがけないトラブルに発展することも考えられるのです。

このような局面で、誰もが苦痛を受けないよう保護される権利があるはずです。

これが肖像権です。

自分で撮影した写真であっても、赤の他人が写っているいるような写真をインターネットなどで公開するのはやめた方がいいでしょう。

肖像権を侵害するような画像利用は絶対に控えましょう。

パブリシティ権について

ちゃんとルールを守って引用していたとしても、有名人の画像を利用した場合、パブリシティ権の侵害に抵触する可能性があります。

ウェブサイトなどで有名人の画像を利用することは、アクセスアップを目的とし、経済的価値が高まると見なされるためです。

有名人の画像を引用するのも絶対に控えましょう。

イメージ画像としての引用

写真や画像が単なるイメージ画像でしかないケースは、ブログなどでよく見かけます。

写真や画像でも、引用はその必然性がなければ認められませんので、単なるイメージとして引用する場合もNGなんです。

ちなみにこの記事で使用しているイメージ画像は、写真素材サイト(ストックフォトサイト)からダウンロードしています。

著作権等をクリアにしているサイトであれば、安心して使うことができます。

画像の引用例

ルールに基づいた画像の引用例を挙げてみます。

熱帯魚水槽

出典:〇〇〇〇〇〇〇〇

引用した写真や画像をトリミングなど加工したりすると引用とは認められません。
写真や画像を、そのままの使わなければならないのです。

まとめ

写真や画像を引用する場合、引用ルールにあるように自分のコンテンツを補足する目的を超えたものに関しては引用とは認められません。
あくまで、自分のコンテンツを補足する目的で引用されたものであれば、「必然性がある」と認められます。

ただ、写真や画像の場合、引用する必然性があるかどうかの判断が難しいケースが多いのも事実です。

どうせ引用するなら、誰でもキレイでカッコいい写真や画像を使いたいものです。
それが見方によっては写真や画像が主役になってしまう(補足する目的を超えたもの)と判断されてしまう可能性もゼロではありません。

ですから、写真や画像を利用する場合、できる限り引用せず自分で用意したものを利用することをおすすめします。

ただ、自分で撮影した写真の場合でも、被写体の肖像権には十分に注意が必要です。

また、写真素材サイト(ストックフォトサイト)を利用するのもアリです。
その際は、利用規約の確認を忘れずにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする