【Python】Excelファイルを開いたり新規作成・保存する方法

Pythonヘッダー Python

日々、同じ操作を繰り返すようなExcelファイルがあったら、Pythonを使って処理を自動化してしまいましょう。

今回は、PythonでExcelファイルを動かす基本中の基本。

Excelファイルの新規作成、あるいは開く方法、さらにそのファイルを保存する方法について解説していきます。

ExcelをPythonで操作する準備

コーディングする前に、PythonでExcelファイルを操作するためのライブラリをインストールしましょう。

Windwows PowerShellかコマンドプロンプトを起動して、下のように入力します。

pip install openpyxl

インストールができたら、早速、Excelファイルを操作してみましょう。

ライブラリを読み込む

まず、ライブラリを読み込みます。

Excelを操作するライブラリ「openpyxl」を読み込まないと今回、解説する操作はできませんので、必ず読み込みましょう。

import openpyxl

上の1行だけで、ライブラリの読み込みができます。

import openpyxl as excel

上のように指定すると、「as」の後の名前で以降、ライブラリを参照できるようになります。

ここでは「excel」としましたが、「exl」でも「ex」でも好きな名前にして結構です。

ワークブックを作成する

次に、ライブラリ「openpyxl」を使って、ワークブックを新たに作成してみます。

book = openpyxl.Workbook()

これだけで新たなファイル、ワークブックが作成できます。

作成したワークブックを「book」という変数に入れていますので、以降、「book」は新たに作成したワークブックを指します。

ワークブックを保存する

ライブラリ「openpyxl」を使って、作ったワークブックを保存してみます。

book.save(r"sample.xlsx")

pyhonプログラムのファイルがある場所に「sample.xlsx」というExcelファイルが保存されます。

保存場所を変えたい場合は適宜、パスを指定しましょう。

Excelファイル新規作成プログラム

import openpyxl as excel

book = openpyxl.Workbook()
book.save(r"sample.xlsx")

上の例は、新たに「sample.xlsx」というExcelファイルを作成するプログラムです。

Pythonでは、たったこれだけのプログラムでExcelファイルを作成できてしまうから驚きです。

既存ワークブックを開いてみる

今度はPythonで既存のExcelファイルを開いてみましょう。

import openpyxl as excel

book = openpyxl.load_workbook(r"sample.xlsx")
book.save(r"sample.xlsx")

上のコードでは、Pythonプログラムファイルと同じ場所にあるファイル「sample.xlsx」を開いています。

開いた後、パスを指定してファイルを保存しています。

保存する時に指定するパスを変えれば、元の開いたファイルはそのまま残りますし、同じパスにすれば、上書き保存されます。

今回、PythonでExcelファイルを操作する時の基本中の基本であるファイル作成、ファイルオープン、ファイル保存について解説しましたが、とても簡単なコードで実行できてしまうことがおわかりになったと思います。

Pythonはその気になれば、とても簡単で便利なプログラミング言語ですので、マスターして仕事を効率化させちゃいましょう。

タイトルとURLをコピーしました