すぐ怒る人の心理と特徴とは?すぐ怒る人と出会った時の対処法は?

猫が怒る

こんにちは、タクローです。

あなたの身の周りにも、すぐ怒る人っていませんか?

「えっ、そんなことで怒るの?」
「いろんな人がいるんだから、そこまで怒らなくても」

なんて思ってしまう人が、上司や同僚、友人などにいませんか?

誰しも過去に「すぐ怒る人」と関わったことがあるとは思います。

もしかしたら、この記事を読んでいるあなたは、今現在、周りにすぐ怒る人がいて悩まされているのかもしれません。

私も以前、職場にいたすぐ怒る上司にはずいぶん悩まされました。
そんな経験もあるため、今回、このような記事を書かせていただきました。

同僚にすぐ怒る人がいるんだけど、どう対処すればよいでしょうか?
上司にすぐ怒る人がいます。対処方法がわからず、ストレスがたまるばかりでつらいです。

そんな疑問や悩みをお持ちの方にとって、少しでも助けになれば幸いです。

どうぞ最後までお付き合いください。

すぐ怒る人の心理

すぐ怒る人って、どんな特徴があって、また怒っている時の心理とはどういったものなのでしょうか。

すぐ怒る人の心理から解説していきたいと思います。

  • 自分が常に正しいと思っている
  • プライドが高い
  • 感謝する気持ちを持ち合わせていない

すぐ怒る人のこのような心理を深く掘り下げることで、対処法を探っていきたいと思います。

自分が常に正しいと思っている

自分の考えや、価値観が常に正しい、極端に言えば「正義」であると考えています。

人の考えなんて、十人十色。

なのに、他人の価値観を受け入れることができない

自分の考えが「絶対」なのです。

「誰もがこうあるべき」、「誰もがこうすべき」という確固たる自分の価値観があり、少しでも思い通りにいかないと、「おかしい!」、「なぜ?」と怒り出すわけです。
ひどい人(危険な人)になると、自分を否定されたと勘違いし、激高してキレたりします

すぐ怒る人の特徴は、「自分の物差しでしか、他人を計ることができません」。

プライドが高い

常に自分が優位に立っていないと気が済まないため、自分の思い通りにならないと怒り出します。

ですから、人からバカにされたりすることに耐えられません

自分が大好き」で「一番大事」なんです。

こちらはそんなつもりなくても、すぐ怒る相手からするとバカにされたと勘違いされることも多々あります。

すぐ怒る人の特徴は、「小さなこと、細かいことを常に気にします」。

怒っているイメージ

感謝する気持ちを持ち合わせていない

自己中心的な性格であるため、他人に対する感謝の気持ちを持つことができません

また、プライドが高く、自分が常に正しいと思っているため、他人を認めることができません

ひどい人だと常に「上から目線」で物を言ってきたりします。

他人を認めたり、リスペクトできなければ、他人に感謝できるわけがありません。

お互い認め合い、感謝し合い、お互いをリスペクトできなければ、人と人との信頼関係は生まれません。

すぐ怒る人からは、人が離れていくでしょう。

すぐ怒る人の特徴は、「良好な人間関係を築くことができません」。

すぐ怒る人の特徴

私は心理学を学んだ専門家ではありません。

ただ、私が知る「すぐ怒る人」の言動を見ていると、実際に、先ほど解説したような特徴があるように思われます。

すぐ怒る人の特徴をまとめますと、次のとおりです。

  • 自分の物差しでしか、他人を計ることができない。
  • 小さなこと、細かいことを常に気にする。
  • 良好な人間関係を築くことができない。

弱い犬ほどよく吠える。」

と言いますが、すぐ怒る人はとても小心者で、劣等感の固まりである可能性があります。

本当は寂しい人

そのようになった理由は、育ってきた家庭環境などさまざま。
とは言え、「かわいそうだから」と同情しながらそのような人たちと対等に向き合っていたんでは、こちらがもちません。

あなたのような思いやりのある人、責任感や正義感の強い人が、「すぐ怒る人」に近づいてしまうとトラブルに巻き込まれてしまう可能性があるため、注意が必要です。

すぐ怒る人への対処法

あなたの周りにもいるやっかりな「すぐ怒る人」。

どのように関わっていけばよいのでしょうか?

まず、相手をよく見て言動を分析しましょう。

どうやって話を進めていけば穏便に済むのか、分析するのです。
相手はプライドが高く、自分が絶対であると考えています。

決して相手の意見を否定するようなことは言ってはいけません

相手の言っていることに相槌を打ち、聞き流しましょう
決して口を挟んではいけません

ただ、熱しやすく冷めやすいタイプの「すぐ怒る人」もいます。
カッとなっておいて、時間が経つとケロっとしているタイプです。

このようなタイプに対処することは比較的簡単だと思いますが、不用意な発言には気を付けましょう
ターゲットにされて、急にネチネチとしつこく攻撃してくるようになってしまうことだって考えられます。

職場の上司や同僚、また友人に対しては、このような対処法は使えるものの、家族や恋人の場合はこうもいかないのが現実でしょう。
家族や恋人が「すぐ怒る人」人の場合、簡単に関わりを断つこともできないわけですから、別の問題になってきます。

そのような場合は、相手と向き合い、対峙する必要も出てくるでしょう。

まとめ

「すぐ怒る人」の心理、特徴、また対処法について、記事を書いてきました。

職場で「すぐ怒る人」に目を付けられて、人間関係を改善できずに悩んでいるという方は多いはずです。
気の合う仲間たちとの会話は、愚痴ばかりという方も多いでしょう。

仕事を続けていても、もう八方塞がりで、ストレスがたまる一方であれば、体調を崩す前に思い切って会社を辞めてしまうという選択肢も「アリ」です。

私自身、職場の人間関係で悩んでいた時、誰にも相談できず、大きなストレスを抱えていました。

人間関係で悩んでいるのは、あなただけではありません。

私は結局、会社を辞めることで悩みを解決できましたし、その決断をしたことは、今でも後悔していません。

人間関係で悩んでいる方が、この記事を少しでも気が楽になり、一歩踏み出す勇気を持つきっかけになれば幸いです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする