勘違いする人が多い?アメリカンコーヒーを解説!

ティータイムでコーヒー

こんにちは、タクローです。
今回の記事は「アメリカンコーヒー」について。

アメリカンコーヒーについて、勘違いしている人が多いというのを聞いたことがあります。
今回は、そのあたりに焦点を当てて、記事を書いてみました。

さっぱり飲めるアメリカンコーヒーは好きだけど、勘違いしている人が多いってどういうこと?

アメリカンコーヒーとは

コーヒーの苦みが抑えられて、さっぱり飲めるのがアメリカンコーヒー。
苦みやコクが少なく、酸味が強くすっきりとしているため飲みやすく、好きな人も多いのではないでしょうか。

ただ、このアメリカンコーヒー。

コーヒーにお湯を入れることによって、味が薄くなったコーヒー

と思っていませんか。

アメリカンコーヒーとは浅煎りの豆を粗挽きにして、多めのお湯で抽出したコーヒーのことを言います。

あっさりとして味が薄いと言えばそうなのかもしれませんが、お湯で薄めているわけではないのです。

アメリカンコーヒーはアメリカ生まれ?

「アメリカン」とは言うものの、実はアメリカで「アメリカンコーヒー」は通じません。
「アメリカンコーヒー」は和製英語なのです。

アメリカでは、weak cofee(ウィークコーヒー)と言います。
「弱め(weak)のコーヒー」というわけですね。

この日本で言うところのアメリカンコーヒーの誕生はアメリカ開拓時代に遡ります。

当時、コーヒー豆は非常に高価で重量単位で売買されていました。
コーヒー豆を流通させる時、浅煎り豆の方が重量が重くなるため、都合がよかったのです。
また、浅煎りの方がコーヒーの成分も多く残るため、この時代、多くのアメリカ人に好まれて飲まれていたのです。

「アメリカンコーヒー」はアメリカ生まれですが、アメリカでは通じないという話しでした。

アメリカンコーヒーの特徴は?

深煎り豆を使ったコーヒーは、苦みやコクが増します。
逆にアメリカンコーヒーのように浅煎り豆を使ったコーヒーは酸味がありさっぱりした味わいになります。

また、アメリカンコーヒーをはじめ、浅煎り豆を使ったコーヒーは、深煎り豆のコーヒーと比べて、カフェインの量が多いことで知られています。
眠気が取れない朝に飲むコーヒーは、浅煎り豆のアメリカンコーヒーの方が目を覚ます効果があるのです。

さらに、浅煎り豆を使ったコーヒーは、深煎りと比べてポリフェノールが多く含まれます。
焙煎すればするほど、ポリフェノールは少なくなってしまうのです。
ポリフェノールを摂取したい場合は、浅煎り豆を使ったコーヒーを飲んだ方がよいのです。

健康や美容を意識するなら、浅煎り豆を使ったコーヒーの方が効果的と言えるでしょう。

コーヒーに含まれるポリフェノールとは?
ポリフェノールとは? ポリフェノールとは植物が作り出す抗酸化物質のこと。 人間が吸い込んだ酸素はすべてエネルギーをつくるため...

「アメリカーノ」コーヒーとは?

アメリカーノコーヒーというコーヒーもあります。
アメリカンコーヒーとは異なるコーヒーです。

アメリカーノコーヒーとは、そのまま飲むと苦みが強いエスプレッソコーヒーをお湯で薄めたものです。

お湯で割ったからと言って、薄くなるというわけではなく、エスプレッソコーヒーの風味もしっかり出たまま、それでいて飲みやすくなるのです。

水と氷の入ったグラスにエスプレッソを注ぐとアイスアメリカーノに。

アメリカンコーヒーに使う豆の種類は?

酸味のある種類のコーヒー豆を使うのがおすすめです。

酸味と苦みのバランスが程よいブラジルやコロンビアを代表格に、酸味があって、すっきりとした口当たりのコーヒー豆を選ぶとよいでしょう。

挽き目は粗挽き。
「ミディアムロースト」など、より浅煎りの豆を使います。

コーヒーブレイクが楽しくなる!?コーヒーの焙煎(ロースト)度合いを知ろう。
こんにちは、タクローです。 コーヒーを買うとパッケージに書かれた「〇〇ロースト」なんていうのをよく目にします。 この「〇〇ロ...

まとめ

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

香り高いコクのあるコーヒーもいいですが、さっぱり飲めるアメリカンコーヒーも捨てがたいですね。
カフェインも多く含まれていますし、モーニングコーヒーとしてもアメリカンコーヒーはもってこいです。

1日のはじまりに、アメリカンコーヒーを飲んで、お互いがんばりましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする