コーヒーブレイクが楽しくなる!?コーヒーの焙煎(ロースト)度合いを知ろう。

コーヒー生豆

こんにちは、タクローです。
コーヒーを買うとパッケージに書かれた「〇〇ロースト」なんていうのをよく目にします。

この「〇〇ロースト」、焙煎度合いのことです。
どんな焙煎度合いがあるのかちゃんと知ることで、コーヒーの選択肢が広がります。
選択肢が広がるだけでなく、コーヒーブレイクの楽しみももっと広がるでしょう。

苦味の強いコーヒーを飲んでみたいけど、どの焙煎度合いのコーヒーを選べばいいのかな?
お店に行くとたくさんの種類のコーヒーがあるけど、味の違いがよくわからないわ。

コーヒーの焙煎度合いを知る

収穫され果肉と種皮を取り除かれたコーヒーの生豆。
緑色をしており、味も風味も香ばしさもなく、このままではコーヒーとして飲むことはできません。

この生豆を火で煎ることで、私たちがよく知る茶色のコーヒー豆になるのです。
火で煎ることを焙煎(ロースト)と言いますが、焙煎することでコーヒー豆に酸味や苦味が出るようになります。
つまり、焙煎の度合いによって、異なる味のコーヒーが出来上がるのです。

この焙煎の度合いは、コーヒー豆を選ぶ決め手になります。
焙煎の度合いを知ることは、自分好みのコーヒーを見つけるヒントになるはずです。

コーヒー豆の焙煎度合いは全部で8段階あります。

  • ライトロースト
  • シナモンロースト
  • ミディアムロースト
  • ハイロースト
  • シティロースト
  • フルシティロースト
  • フレンチロースト
  • イタリアンロースト

焙煎時間が一番短い「ライトロースト」は酸味が強く、焙煎時間が一番長い「イタリアンロースト」は苦味が強くなります。

見た目の色は茶色は茶色でも「ライトロースト」が一番薄く、「イタリアンロースト」が一番濃くなります。

焙煎度合いチャート

次から各焙煎段階の特徴について見ていきましょう。

ライトロースト(Right Roast)

うっすらと焦げ目がついた程度で、黄色がかった小麦色をしています。
酸味が非常に強く、コーヒーらしいコクはまだない状態です。
香りもほとんどなく、飲用には適しません。

シナモンロースト(Cinnamon Roast)

シナモン色程度で、ごく浅い煎り方で苦味が少なく、すっきりフルーティな酸味が特徴です。
さっぱりしていて、ブラックコーヒーでも飲みやすくなります。
深煎りより浅煎りの方がコーヒー豆独自の特徴を感じやすくなるため、豆そのものの個性を楽しむ飲み方ができるでしょう。

ミディアムロースト(Medium Roast)

茶褐色で、酸味の中にも苦味が感じられるようになります。
コーヒー豆独自の酸味、苦味、コクがわかりやすいので、この焙煎度合いで飲まれる品種が多いです。
アメリカンローストとも呼ばれ、文字通りアメリカンコーヒーによく使われる焙煎度合いです。
ハイロースト(High Roast)
コーヒー豆っぽい茶色になる焙煎度合いです。
今までの焙煎は酸味が勝ってきましたが、苦味が出てきてバランスが程よくなる特徴があるのがこの焙煎です。
喫茶店や家庭で飲まれるレギュラーコーヒーはこの焙煎が多いです。
迷ったらこのハイローストのコーヒーを選べば、間違いありません。

シティロースト(City Roast)

最も標準的な焙煎と言われています。
黒っぽい茶色になり、鮮やかなコーヒーブラウンになる焙煎度合いです。
シティローストで焙煎されたコーヒーも喫茶店や家庭で飲まれることが多いです。
バランスの良い酸味と苦みの中にコク(「ボディ」と呼ばれる)が出てくる特徴があります。
シティローストの「シティ」はニューヨークシティに由来すると言われているのも興味深いですね。
バランスの良い酸味と苦み、さらにコクのあるコーヒーで迷ったら、シティローストのコーヒーを選べば、間違いないでしょう。

苦味のあるコーヒー

フルシティロースト(Fullcity Roast)

コーヒー豆の色はダークブラウン。
今までの焙煎と異なり、今度は苦味が勝ってきます。
香りも強くなってきます。
また、アイスコーヒーに適した焙煎です。
しっかりとした苦味とコクを望むのであれば、この焙煎がおすすめです。

フレンチロースト(French Roast)

油が乗ってきて、コーヒー豆がテカテカしてくる焙煎です。
酸味はほとんどなく、強い苦味と独特の香りが特徴のフレンチロースト。
エスプレッソ用として使われたり、カフェ・オレやウィンナーコーヒーなどヨーロピアンスタイルのアレンジメニュー向きでしょう。

イタリアンロースト(Italian Roast)

油が乗ってきて、コーヒー豆がテカテカ、色は黒に近い焙煎です。
強い苦味と濃厚な味わい、焦げたような香ばしさが特徴のイタリアンロースト。
カフェラテ、カプチーノ、カフェオレなどミルクの甘さととてもよく合います。

まとめ

最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました。

コーヒーを選ぶ際に、参考にしていただけるとうれしいです。

コーヒーの焙煎(ロースト)度合いの特徴を知っていただき、ぜひ好みのコーヒーを見つけてください。

お互い、素敵なコーヒーブレイクにしましょうね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする