Excel VBA一覧

【Excel VBA】シートをループ(繰り返し処理)For Each

ExcelVBAで繰り返し(ループ)処理をする場合に使うFor Each~Next。ワークシートごとに同じ処理をする場合にもよく使われます。今回はワークシートに対する繰り返し処理について実例を交えて解説。効率の良いコーディングテクニックを覚えましょう。

記事を読む

【Excel VBA初心者向け】エディター(VBE)起動方法は?

Excel VBAはVisual Basic Editor(VBE)にコードを書いて、マクロを作成していきます。コード管理、フォーム設計、コーディング、テストなどマクロ開発の一連の作業を行うVBE。VBA初心者の方に向けて起動方法を解説します。

記事を読む

【Excel VBA】行を追加、挿入するマクロを作成して効率化

Excelで表を使ったリスト管理をしていて、面倒な決まりきった操作があるならマクロに任せてしまいましょう。今回はExcel VBAで行を追加、挿入する方法について解説します。工夫次第で面倒な作業の効率化を図ることができるでしょう。

記事を読む

【Excel VBA】簡単!行を削除するマクロを作成して効率化

Excelの表を使って何かを管理すれば、行を追加、挿入、あるいは削除する作業が必要になります。そんな作業が面倒な時もあるでしょう。今回は、ExcelVBAで行を削除する方法について解説します。マクロを使って作業を効率化してしまいましょう。

記事を読む

【Excel VBA】マクロで表示形式(書式)を設定する

Excelで作った資料を見やすくするために、必ず見直すセルの表示形式。今回は、このセルの表示形式を設定するExcelVBAを解説します。いつも決まったフォーマットの資料を作成しているのであれば、マクロに任せることで業務効率を上げることができるはずです。

記事を読む

【Excel VBA】表の最終行を取得する方法をマスターしよう

Excelの面倒な処理はマクロにやらせてしまいましょう。Excel VBAを使えば作業の効率化が図れます。今回の記事は表の最終行を取得する方法について、「End」プロパティ、「Rows.Count」プロパティ、「Row」プロパティを中心に解説していきます。

記事を読む

【Excel VBA】Bordersプロパティを使って罫線を引く

Excel VBAを使っていると、罫線を引く機会は多いはずです。同じフォーマットでたくさんの表を作りたい場合、Excel VBAを使えば、一瞬のうちに思い通りの表が作れます。Excel VBAを活用すれば、処理の自動化、作業効率化を図ることができます。

記事を読む

【Excel VBA】ColorIndexプロパティ値で簡単色指定

Excel VBAを使っていれば、セルの背景色や文字色を指定したりする処理をコーディングすることは頻繁にあるでしょう。Interiorオブジェクト、Fontオブジェクト、そしてColorIndexプロパティの使い方について解説します。ColorIndexプロパティ値一覧表も掲載しています。

記事を読む