雑味のあるコーヒーってどんな味?

ドリップコーヒー

こんにちは、タクローです。

みなさんはコーヒーの本来の味とは、どのようなものとお考えでしょうか。

甘味、酸味、苦味、コクなど、コーヒーによって特徴があり、好みも人によって違います。
一言にコーヒーと言っても、さまざまな種類のコーヒー豆、また豆の挽き方、淹れ方によっても味が変わります。

コーヒーって、本当に奥が深くて面白い。
その分だけ、美味しく、また飲む度にリラックスできます。

みなさんはコーヒーの「雑味」という言葉を聞いたことがあると思います。
この「雑味」。
どのような味なのでしょうか。

雑味があるコーヒーって、どんな味なんだろう?
雑味のないクリアなコーヒーって、どういうことに注意して淹れればいいの?

今回の記事はこのような疑問をお持ちの方に、お役に立てるはずです。

どうぞ、最後までお付き合いください。

コーヒーの雑味とはどんな味?

コーヒー豆本来の味ではない味を雑味と表現されることが多いようです。

コーヒーには、豆の味がバランス良く味わえるもの、あるいは酸味や苦味、コクなどが際立つものがあります。
そのようなコーヒー豆の特徴が上手く引き出せていれば、人は美味く感じるでしょう。

しかし、そのコーヒー豆の特徴である味が本来のものより強く出てしまうと人は不味く感じるものです。

これが雑味です。

雑味が出てしまったコーヒーは、一言で言うと「不味い(まずい)」のです。

また、コーヒーの「雑味」を「渋み」や「えぐみ」などと表現されることもあります。

「渋み」はともかく、この「えぐみ」とは何でしょうか。

舌にまとわりつくような、苦く不快な感じを経験したことはありませんか。
タケノコや山菜などを食べた時に感じる渋い感じが「えぐみ」です。

「えぐみ」の正体は灰汁(あく)です。

灰汁(あく)は取り除かないとやっぱり美味しくないですよね。

なぜ雑味が出るのか。

コーヒーが好きな人であれば、雑味のないクリアで美味しいコーヒーを飲みたいはずです。

なぜ、雑味が出るのか?

原因を探ることで、雑味を出さずにコーヒーを淹れるヒントが見い出せるはずです。

雑味の原因として大きく次の3つが考えられています。

  • 沸かしたての熱湯をコーヒー豆に注ぐ
  • コーヒー豆をミルで細かく挽きすぎる
  • コーヒー豆の鮮度と欠点豆

詳しく説明していきます。

沸かしたての熱湯をコーヒー豆に注ぐ

コーヒー豆に注ぐお湯は90度前後がよいとされています。

温度が高すぎるとコーヒー豆の余計な成分まで溶け出して抽出されてしまいます。
濃過ぎることでバランスが崩れた、つまり雑味のあるコーヒーが出来上がることになります。

逆に温度が低すぎるとコーヒーの旨味成分が抽出されず、薄いコーヒーになります。
せっかくのコーヒー豆の特徴が生かされず、これまた残念なコーヒーになってしまいます。

お湯を最適な温度で注ぐことで、まろやかで、雑味のない、コーヒー豆の特徴を引き出した美味しいコーヒーを淹れることができるのです。

コーヒー豆をミルで細かく挽きすぎる

コーヒー豆をミルで細かく挽きすぎると豆そのものがお湯に触れる面積が多くなってしまいます。
するとお湯の温度が高すぎる時と同じく、コーヒー豆の余計な成分まで溶け出します

結果、雑味が出るのです。

コーヒー豆の鮮度と欠点豆

コーヒー豆は古くなると雑味が出てきます

また、焙煎直後のコーヒー豆には欠点豆が含まれています。
正常な豆と形が異なる豆、欠けてしまっている豆、焦げてしまっている豆、そういった豆が含まれていると雑味の原因になります。

まずは、新鮮な豆
さらに、欠点豆を取り除く作業(ハンドピック)を行っている焙煎所のコーヒーかどうかもコーヒー豆を選ぶ上で重要になるでしょう。

雑味のないコーヒーを淹れましょう。

ここでは、ペーパードリップで雑味のないコーヒーを淹れるための注意点を説明していきます。

お湯の温度

繰り返しになりますが、沸騰したての熱湯を注ぐのはやめましょう。

お湯の温度は、85度から90度程度を目安に。
熱湯をドリップポットに移したりして、少し冷ますとよいでしょう。

お湯を注ぐ

まずは蒸らしていきましょう。

粉の真ん中を目掛けて、お湯をゆっくり垂らしていきます。
ポットを数回回して粉を少し濡らす程度で大丈夫です。
お湯を注ぐをのやめ、20秒ほど待ちましょう。

蒸らしが終わったら「の」の字を描くようにお湯を注いていくのですが、注ぐ範囲は真ん中から周囲500円玉ほどの大きさまでとしましょう。

コーヒードリップ方法

また、注ぎ方で味が変わってきます。

ゆっくり細く注ぐと、コーヒー成分がじっくり抽出され深みのある濃いコーヒーが抽出されます。

逆に、急いで太く注ぐとすっきりした感じのコーヒーが抽出されます。

注いている時にペーパーにお湯をかけてしまうとお湯だけがペーパーを通り抜けてしまうため、せっかくの風味が損なわれてしまうので注意しましょう。

抽出後のペーパーに残ったコーヒーかすにも注目してください。

コーヒーかすの表面に細かい泡が残っていますか?
これがコーヒーのと雑味の原因の一つである灰汁(あく)です。

灰汁(あく)がペーパーに残されていれば、コーヒーと一緒に落ちていませんので、雑味のない美味しいコーヒーが抽出できたことになります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

雑味の正体、また原因がわかることで、できるだけ雑味のない美味しいコーヒーを淹れることができるでしょう。
少しいつもより、丁寧にじっくり慎重にコーヒーを淹れてみてください。

きっと、もっと素敵なコーヒータイムになるはずです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする